sho_shouinji_bw_mini.png sho_yamade_bw_mini.png sho_kuukai_bw_mini.png

宝生山 勝因寺

空海ゆかりの寺 山出の虚空蔵さん

Content

虚空蔵菩薩

国指定 重要文化財(彫刻)

像高95.5cm、檜材の寄木造ですが、頭部と胴部は一木で造っています。頭部、宝髻<ほうけい>天冠台は彫出し、面部は豊顔彫眼です。
左手は臂を曲げて宝珠を捧げ、右手は臂を曲げ前掌して印を結んでいます。布帛を懸け、腰部に裳を着け、右足を上にして結跏趺坐しています。
頭部、胸部に後で補修した天冠、胸綴が着き、台座、光背は後補のものです。
衣文鋭く衣のしわも流麗であり、平安後期でも比較的古い時代の作とされます。江戸期の書物である「三国地誌」や「伊水温故」には、この像は空海作と記されています。